2018年11月末の資産運用状況の確認

2018年11月末時点での資産状況を確認しておきます。

リスク資産のアセットアロケーション

2018年11月末現在の私のリスク資産のアセットアロケーションは下記の通りです。生活防衛資金や証券口座の待機資金等は含めていません。

11月初旬にVWOを約50万円購入しましたので、新興国株式の比率が4.6%→8.3%に増加しました。

全体の金額は10月末と比べて90万円程増加しました。追加購入が50万円程を除いた約40万円が含み益の回復です。

目標アセットアロケーションと比べると先進国株式の比率がまだまだ低いですので、この先しばらくは追加投資は先進国株式を行います。

 

先進国株式の現在のポートフォリオは下記の通りです。米国株は現在のところ個別株ではなくETFで投資していく予定です。

 

目標ポートフォリオと一番乖離がある銘柄を購入するというルールを作っています。

これはあの有名なバフェット太郎さんの購入方法を参考にした(パクった?)ものです。組み入れ比率の低い銘柄を購入することによってリバランスや割安になっていると考えられるものを購入できたり、ものすごく考えられていると感心しています。

このルールであれば、次はVYMを購入するのですが、私はまだ投資資金総額が小さいため特定口座で50万円も購入するとVYMの比率が20%近くになってしまいます。毎月50万円も投資資金を捻出できるのであれば問題ないのですが、追加投資できるのは年間200万円から300万円程だと思いますので、ここであまりバランスを崩すのもどうかと考えてしまいます。

金額的には20万円ほどの購入が良いので、来年2019年になってからNISA口座で購入するか、手数料負けを気にせずに20万円程特定口座で購入するか、バランスを気にせずに50万円程特定口座で購入するかの3択になります。

 

現金などの無リスク資産について

生活防衛資金は生活費の約2年分を銀行預金口座で保有しているのと、証券口座の待機資金に円で約200万円、ドルで80万円程あります。

待機資金をどの程度準備しておくかが私の課題なのですが、生活防衛資金を除いたリスク資産と待機資金を合わせた金融資産合計の10%~15%程で十分という考えになってきています。

ドル転についてはこれまでとおり待機資金(住信SBIネット銀行)から毎週5万円をドル転していきます。さらに1ドル110円よりも円高になればプラス5万円をドル転するように設定しています。

ドルの待機資金は外貨MMFで保有しています。

 

ユキのネクタイは洗濯中で、ガチャガチャで天使の羽を買ったのですが、あまり似合っていません。

 

前にもってきて蝶ネクタイのようにしたら案外似合っていましたので、これからはこのスタイルになるかもしれません。

 

↓ポチっと応援お願いします!↓
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ