年金だけでは老後2000万円足らない報道は若者を軽視しすぎている

年金だけでは老後2,000万円足らない報道が過熱しています。

マスコミ得意の切り取り報道で不安をあおっていますが、今回報道されていることのほとんどはありまえの話ばかりで目新しい話はほとんどありませんでした。

 

報告書の内容

実際の報告書はこれです。『金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」』

1の現状整理で、人口動態や収入・支出の平均、金融資産の保有状況、金融環境に対する意識が報告されて、2の基本的な視点及び考え方でどのような環境を目指していくかが述べられ、3の考えられる対応を提言しています。

私はさっと目を通したところ、当たり前の話がほとんどですがきちんとした事を書いていると感じました。

この報告書の中でも私がいつも推奨している「つみたてNISA」と「iDeCo」が推奨され、利用者があまりにも低いのでもっと広報すべきであるともありました。

問題になっている箇所は次の部分です。

収入の平均が月額20万9千円、支出の平均が26万3千円で、毎月の不足額の平均は約5万円であり、まだ20~30年の人生のあるとすれば不足額の総額は1,300万円~2,000万円になるということです。

ただし、報告書にもこの金額はあくまで平均の不足額から導きだしたものであり、不足額は各々の収入・支出の状況やライフスタイル等によって大きく異なるときちんと書いてあります。

全体を読むと、2,000万円足らないといった事はほんの一部の枝葉の話で、報告書が伝えたかった要旨ではありません。それなのに、マスコミ(野党も)が報道(主張)しているのは、年金だけでは生活できない、年金以外に2,000万円を自分で用意するのは無茶だ、年金を取るだけ取って無責任だ、100年安心じゃなかったのかなどといった事ばかりです。

 

現在の高齢者は資産があるから支出が多い

そもそも平均の収入と平均の支出を比較して5万円強足らないので30年だと2,000万円足らないというのは、それぞれ各個人の生活スタイルが異なりますので全く意味のない計算です。すべてが平均の人など一人もいないのです。

それでも、平均月5万円支出が多いというのをあえて理由付けすれば、貯蓄がたくさんあるから年金収入よりも多く使っていると言えます。この報告書にもありますが、65歳の金融資産の平均保有状況は夫婦世帯2,252万円、単身男性1,552万円、単身女性1,506万円と多くの金融資産があるから取崩して使っているのです。

金融資産のない人などは当然収入と支出はほぼイコールですし、金融資産が減ってきて使えなくなれば支出も当然減るでしょう。

そもそも日本は社会主義国ではありません、あくまで自助が原則で社会保障は補助的な役割です。年金だけで老後の生活が出来るというのはそもそも無理なのです。そのような社会が良いのであれば政治家になって国を変えるか、社会主義国に移住しましょう。

 

現役世代や若者をもっと大切にすべき

私がこの度の報道などで一番感じるのは、日本の国は本当に高齢者中心で若者や現役世代はないがしろにされているなという事です。テレビや新聞がそもそも若者が見ない為、高齢者向けの内容になっているとは思いますが。

収入の平均の20万円は大卒初任給の手取りよりはるかに多いですし、支出の平均が26万円なんで20代の人はそんなに使えないですよ。この度の報道ではそれくらい生活費がかかるのは当たり前のように報道されていますが、20代の人はまともな生活をするなという事でしょうか?なぜ、若者の給料をもっとあげるようにという声がないのでしょうか?

仕事を引退した無職の高齢者が月平均26万円も使っていて、現役で働いでいる20代の人はそれ以下の生活をしている。こんなおかしな状況になっているのに、マスコミや野党は全くそこを言わない、年金制度の不安をあおるだけあおって対案も出さない。対案のない批判はただの言いがかりです、野党は偉そうに批判していますが、自分達はこうするといった対案を出して初めて批判すべきです。それも民主党政権の時のような出来もしない提案でなく現実的に実行可能な対案を。

ですが、政治に過度な期待をしてもあまり意味がありません。自分や家族の身は自分で守るしかありません。

金融リテラシーを高めて豊な生活を送れるように勉強し続けましょう!

 

関連記事です

 

この度の報告書でも推奨されていたiDeCoと積立NISAがまだの方は検討しましょう!