個人年金保険のメリットやデメリットは?ハッキリ言って不要です。

老後資金の準備をしようと考えるときの選択肢の一つに個人年金保険があります。

個人年金保険にも色々な種類のものがありますが、基本的には自分で積立てた原資に運用利回りをプラスして受け取ることが出来るというもので、60歳や65歳まで掛けてその後受取るといったタイプのものが多いです。

今回は個人年金保険のメリット・デメリットについて考察していきます。そもそも必要かという問いに関しましては、現在の私は不要という考えですが、現在加入中の人が元本割れで解約してまでやめるかどうかはケースバイケースと思います。

一番ダメなのは、公的年金があてにならないからといって、公的年金に加入せずに個人年金に多額に加入することです。サラリーマンは強制的に公的年金に加入しますが、自営業の人や社会保険に加入していない勤務先で働いている人は個人年金よりも先に国民年金に加入しましょう。

個人年金保険の種類

確定年金

最もポピュラーなのがこの確定年金です。契約で将来に受取る金額が確定しているところからこのように呼ばれています。

例えば、10年確定年金であれば10年間決まった金額を受け取る事ができます。

メリット

年金受取総額が確定しているので確実に受け取ることができる、老後の資金計画が立てやすいなど

デメリット

途中解約すると元本割れする可能性が高いこと、インフレになると実質的な価値が減少することなど

変額年金

払い込んだ保険料を株式や債券などで運用し、運用成果に応じて受取る年金や解約返戻金が増減する個人年金保険です。投資リスクは個人が負うことになります。

メリット

運用がうまくいけば多くの年金額になる可能性があること、インフレに対しての耐性があることなど

デメリット

運用がうまくいかなかったら少ない年金額になる可能性があること、受取金額が確定していないので計画がたてにくいなど

終身年金

生きている間は一生涯年金がもらえます。仮に短期間で死亡した場合に備えて、多くの商品は最低保証期間が設定されています。10年間保障期間付きの場合で10年以内に死亡した場合は遺族が10年分は受取ることができます。

メリット

一生涯受取ることができるので、長生きしても安心できる

デメリット

長生きできなかった場合の受取金額が少なくなる、一般的に保険料が割高であることなど

 

個人年金保険のメリット・デメリット

メリット

確実に貯められる

預貯金として残高があれば使ってしまう人などは、強制的にお金を貯める事ができて簡単に解約できなくて貯めたお金を利用できない個人年金保険のような形の方が良いでしょう。

所得税の節税になる

個人年金保険料は一般の保険料と別枠で保険料控除の対象となります。年間8万円以上の掛金で4万円の所得控除を受けることができます。

払込金額以上に受け取れる

長期間払込みした金額に予定利率で運用したものを受け取る事になりますので、現在の銀行預金よりはお金が増えると言えます。

 

デメリット

解約した場合に元本割れする可能性が高い

中途解約した場合はほとんどの場合元本以下になります。契約内容によりますが、10年以下の解約であればまず元本以下の解約返戻金しか受け取る事はできないでしょう。

インフレに弱い

変額年金保険を除いた確定年金や終身年金は将来受け取る年金金額が決まっています。インフレによってお金の価値が毀損した場合は将来受け取るお金の価値が下がっているという可能性があります。掛けた金額よりお金は増えたけど、そのお金で買えるものは少なくなったという事もあり得ます。

保険会社が破綻した場合

保険会社が万一倒産した場合に年金が減額される可能性があります。

受取時が不利

受取時には当然その利益(受取金額-掛金額相当額)に課税されます。さらにその利益が健康保険や介護保険の対象となる所得になりますので、個人年金を多く受け取る事によって健康保険や介護保険が高くなるのはもの凄く大きなデメリットです。

 

個人年金保険は必要か?

ハッキリ言って不要です。

所得控除の対象となる年間8万円以上なら4万円控除を受ける事ができますので、年間8万円程度なら選択肢に入るかもしれません。

しかし、所得控除が目的であればまずiDeCo(個人型確定拠出年金)が最優先です。iDeCoは掛金の全額が所得控除になりますので所得税の節税効果は全然違います。また受取時は原則として退職所得になりますので、受取時に健康保険や介護保険が高くなることはありません。

公的年金だけでは老後に豊かな生活ができないので何か私的年金でお金を貯めておきたいというのはその通りです。しかし、まず優先すべきはiDeCo、次に積立NISAです。

iDeCoと積立NISAだけでも満額掛けると年間676,000円(通常の厚生年金加入者のサラリーマンの場合)掛けることができます。夫婦で掛けた場合は倍の1,352,000円も掛けることができます。

これだけお金を貯めていってもまだ余力があるという人は、個人年金保険ではなくて特定口座で世界経済にインデックス投資をしましょう。インデックス投資は短期間に大きな利益を出すことはできませんが、経済が成長すればそれに連動してゆっくり資産を増やすことができます。

 

関連記事です。iDeCoについてはこちら。

 

iDeCo口座を開設するのであれSBI証券がおすすめです。



↓ポチっと応援お願いします!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ