投資は少額から早く始めよう!実践や経験が一番金融リテラシーを高める。

資産運用は何から始めたらよいのかわからない。損をするのが怖い。ある程度資金を貯めてから投資したいけれどそのお金が貯まらない。など投資をしたことがない人にとっては、投資を始める第一歩のハードルは高いと思います。

投資初心者については、キャッシュフローに余裕がある人は60歳まで現金化できないけれども節税効果が大きい個人型確定拠出年金(iDeCo)、キャッシュフローに余裕がない人はいつでも現金化できる上に運用益は20年間非課税の運用積立NISA(つみたてNISA)を推奨していますが、今回は少額で始めるメリットと早く始めるメリットなどを考えていきたいと思います。

少額で始めるメリット

気軽に始める事が出来る

百万円単位の金額を投資するのであれば気軽に投資出来ないですが、月1万円程度の金額であれば比較的気軽に投資できると思います。

最初は少額で初めて経験を積んでから少しずつ増額するという事もよい方法です。

少額でたくさん小さな失敗をして経験を積む事は後から大きな失敗をしない為にとても重要な事です。

損をした場合でも損失金額が少なくてすむ

少ない金額しか投資していないため、仮に損をした場合であっても損失金額は少なくて済みます。

例えば10%下落した場合、元本が1,000万円であれば100万円の下落ですが、元本が10万円であれば1万円の下落です。

 

少額投資のデメリット

利益が出た時の金額が少ない

損をした場合の被害が少ないのと裏返しですが、利益が出た時は利益の金額が少なくなります。

例えば20%上昇した場合、元本が1,000万円であれば200万円の上昇ですが、元本が10万円であれば2万円の上昇です。

手数料が割高になる

手数料の体系が投資金額の何%というのであっても、最低手数料を設定している証券会社は多いです。そのような場合、少額で投資をすると手数料が割高になってしまします。

少額で投資するのであれば、手数料を特に気にしましょう。積立NISAなどの投資信託であれば少額でも基本的に不利になりません。

深く考えない

少額なので何でもいいやとあまり考えずに投資対象を決めがちになってしまう可能性があります。大金をつぎ込むのであればじっくり考える人も少額だと考えないという事もあり得ます。

 

早く始めるメリット

投資の経験を多く積む事が出来る

投資について、投資知識を勉強する事も大切ですが、経験も同じくらいかそれ以上に大切です。知識を完璧に準備してから実践するよりも、最低限の知識を勉強してから実際に投資を経験する方が投資知識の勉強についても効率的になります。「習うより慣れよ」というのは投資でもいえます。

サッカーを始めるとき、本を読むよりもまずボールにふれるでしょう。野球を始めるときも、本を読むよりもキャッチボールから始めると思います。それと同じです。投資でもお金を貯めてからではなくで、貯めるのと同時進行で少額から初めて経験を積むべきです。

株式投資にはリスクもたくさんあります。倒産、上場廃止、減配、減資、増資による株価の下落などたくさんのリスクについて身をもって学ぶことができます。それ以外にも色々と試してみて小さな失敗というかこうしておけばよかったという事をたくさん学ぶと良いです。

経験を積む事によって一番の強みは心理的な問題です。例えば、リーマンショックを経験している投資家は私のように経験していない投資家よりも今後暴落があった時に落ち着いて平常心で取引が出来るでしょう。

投資期間が長ければ長いほど複利効果が大きい

長期投資は投資期間が長いほど運用による利回りも大きくなります。

月1万円投資 想定利回り3%の場合

運用期間 投資元本 推定資産 運用益
20年 240万円 327万円 87万円
30年 360万円 580万円 220万円
40年 480万円 919万円 439万円

 

月1万円投資 想定利回り4%の場合

運用期間 投資元本 推定資産 運用益
20年 240万円 365万円 125万円
30年 360万円 687万円 327万円
40年 480万円 1,164万円 684万円

 

月1万円投資 想定利回り5%の場合

運用期間 投資元本 推定資産 運用益
20年 240万円 407万円 167万円
30年 360万円 818万円 458万円
40年 480万円 1,488万円 1,008万円

月額わずか1万円の投資でも40年投資すれば1,000万円以上の資産に増加する高い可能性があるのです。

 

まとめ

元プロ野球監督の野村克也氏が「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」と仰っていたように、「失敗は必然、成功は偶然」というのはその通りです。投資でもこれを買うと必ずもうかる商品というのはありませんが、必ず損する商品というのはありますのでそれをつかまないように金融リテラシーを高める必要があります。

若いうちから少額でも資産運用を経験すると金融リテラシーは勝手に高まります。金融リテラシーが高まってくると、悪質な投資話はすぐに判断できるようになります。良い投資先という判断はなかなか難しいですが、ダメなものはすぐにわかります。

投資の失敗事例として、退職金を運用しようと思ったものの知識や経験が全くないため、銀行が進める投資信託に投資や個別株に投資して大損したというのはよく聞く話です。退職金という大金で投資デビューなどというのは一番やってはいけない事です。

また、これまでにこつこつと貯金をして貯めた何千万円という大金をいきなり投資して失敗というのも時々聞く事例です。

そのようにならない為にも、投資は出来るだけ早く少額で始めて経験を積むべきです。

今からでも証券口座を開設して少額で投資を始めましょう。