夫婦と猫1匹の我が家の資産運用

我が家はユキと飼い主Aと飼い主Bの3人?(2人+1匹)暮らしです。それぞれどのように資産運用をしているか公開します。

飼い主Aの資産運用

平成30年4月にSBI証券でiDeCo加入と証券口座を作りまして、毎月定額を銀行口座からの引き落としにより積立しています。

iDeCoは毎月23,000円を積立

・iFree NYダウ・インデックス・・・25%

・SBI中小割安成長株ファンドジェイリバイブ・・・25%

・ひふみ年金・・・25%

・EXE-i グローバル中小型株式ファンド・・・25%

証券口座では積立投資NISAで毎月33,000円で毎月積立

・三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックス・・・月20,000円

・三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 進興国株式インデックス・・・月5,000円

・SBI-EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド・・・月8,000円

iDeCoの銘柄は入れ替えも多少考えていますが、基本的にほったらかしで行く予定です。20年後に幾らになっているか楽しみです。

 

飼い主Bの資産運用

証券口座は以前から日本株を少しだけ保有していたため一つあったのですが、平成28年にiDeCo加入し、海外ETFへ投資するためSBI証券の証券口座を作りました。国内株式用には手数料の安いGMOクリック証券を開設しました。

iDeCoは毎月23,000円を積立

・EXE-i 先進国株式ファンド・・・25%

・SBI中小割安成長株ファンドジェイリバイブ・・・25%

・ひふみ年金・・・25%

・EXE-i グローバル中小型株式ファンド・・・25%

証券口座では通常NISAを選択、最近は110万円の限度額まで海外ETFを購入し、他には余剰資金があるときに特定口座でその時欲しかった銘柄を購入しています。

2018年7月末のアセットアロケーションは下記の通りです。なお、生活防衛資金、証券口座の待機資金は含めていません。

 

国内株式は株主優待目的のものが多い為、ほとんどの銘柄が1単元ですが約20銘柄を保有しています。購入を控えて割合を少しずつ減らして来たのですが、もうしばらく買い増しは控えて比率を30%程まで減らしたいと考えています。東京電力、日本航空などのように暴落にあっても被害を少なくするために一つの銘柄に集中投資はしないと決めています。

先進国株式はドル建てで購入した海外ETF(IVV,VTI,HDV,VYM,VDC,VT)が中心で、円で保有している欧州へのETFが少しだけあります。個別株は保有しておらず、すべてETFです。新規で購入してして増やしたいのはこれです。50%程まで高める予定です。

国内リートは少しだけ保有していますが、これ以上比率を増やす予定は現在のところありません。

新興国株式もすべてETFで新興国債券は国内ETFです。合計で10%程あっても良いかと思っていますので、新興国株式の比率をもう少し増やしたいです。

有価証券以外では不動産投資として貸家が1軒あり、毎月8万円弱の家賃収入があります。以前は不動産をもう1軒欲しいとか1棟で欲しいとか考えていた時期もあったのですが、現在は欲しいと全く思わなくなりました。理由についてはまたどこかで記事にしたいと思います。

その他では小規模企業共済を毎月3万円積立てています。

 

ユキの資産運用

沢村一樹さんのCMのようにウェルスナビに任せたいところではありませんが、実際はユキ名義で財産は所有できませんので、何もしていません。代わりに飼い主達が頑張ってユキのご飯を稼がないといけません。

ユキが寝ていてもお金が増えるような仕組みを作りたいですね(=^・^=)