旅行と猫と留守番と

旅行に行くとき、猫はどれくらい留守番できるのでしょうか?

基本的には2泊3日までは大丈夫で3泊以上留守番させているケースはあまりないように思います。

飼い主Bは現在1泊の旅行中でして、ユキちゃんは飼い主Aと留守番しています。

以前はユキちゃんだけに留守番をしてもらった事(1泊2日のみ)も時々あったのですが、現在の住まいに引っ越してきてからユキだけに留守番してもらう事はなくなりました。

猫ちゃんに留守番してもらうための準備

トイレ

猫ちゃんはきれい好きですので、汚れたトイレでは排泄しません。留守番の日数によりますが、いつものトイレに加えて1~2以上予備のトイレを設置しましょう。

自動のお掃除トイレを使用の場合は予備は不要かもしれません。

ユキの場合はいつものトイレに予備の大きなトイレを用意しました。

ごはん

衛生面を考えるとウェットフードよりドライフードが良いと思います。

猫ちゃんはワンちゃんのようにあるご飯をすべて食べる可能性は低いと思いますが、留守番するという事を知らずにパクパク食べる可能性がありますので、多めに用意しておく必要があります。

自動給餌器(ペットフィーダー、決まった時間に自動的に決まった量の餌が出てくるもの)を使用の場合はきちんとご飯がはいっているかを確認すればよいと思います。

ユキはいつもちょこ食いでご飯を全部食べないので、少し多めにかついくつかに分けて用意していきました。

飲み水

十分な量の水を用意する事と、水飲みの場所をいくつか用意しておきましょう。猫ちゃんが水入れを倒したり飲み切ってしまう可能性があるためです。

蛇口の水が好きな猫なら、微量の水を出しっぱなしにするのも一つの方法です。

自動給水機があれば新鮮な水を用意できます。

ユキの場合は新しい水でないと普段は飲んでくれないのですが…。

 

室温

夏場は暑さに注意

現在の日本は人間が室内で熱中症になる事もニュースでよく聞きます。猫ちゃんが熱中症にならないように注意しましょう。

以前の記事でも書きましたが、一番のおすすめはエアコンを28度位にしてつけっぱなしにする事です。

冬場は寒さ対策を

冬場はエアコンやコタツなどの暖房器具は火事の危険もありますので、毛布やベッドを置き自分で暖まれるようにしてあげましょう。

その他

監視カメラでチェックしたり、猫ちゃんが退屈しないように安全な遊び道具を置いておくのも良いかもしれません。

長期間の留守番の場合

ペットシッター

水と餌の交換、補充、トイレの掃除などを主にしてくれます。

費用は様々ですが、1回2,000円~3,000円+交通費位が相場のようです。

良く依頼して猫ちゃんがなついており信頼できる人がいるのであれば良いのですが、家に他人を入れる事になりますし、最初の依頼が少しハードルが高いかもしれません。

ペットホテル

猫ちゃんだけで留守番は心配という方は信頼できるペットホテルに預けるという方法もあります。

水と餌を与えて、トイレの掃除をしてくれます。1泊3,000円~4,000円が相場のようです。

ただ、猫ちゃんによっては狭いところに入れられて自由に動けないなど強いストレスがかかる可能性があります。

飼い主は忘れられる?

よく、猫は3日で忘れるといいますが、そんなことはありません。

少なくともユキちゃんは10日間でも忘れませんでした。

以前、チャーとミーと暮らしていた時、ユキの世話を母にお願いして相方と10日程海外旅行に行ったことがありました。

帰って来た時、ユキちゃん覚えてるかな?と不安になったのですが、なんともなかったようにいつもと同じ態度で逆に少し寂しくなりました。

結論

猫ちゃんに留守番してもらうときはしっかり準備して、ストレスのかからないように健康に気をつけて留守番してもらいましょう。

ちなみに我が家では、ユキちゃんが高齢化してきましたし、今後は泊りがけの旅行でユキに留守番させる事はしないでおこうと話し合って決めています。

猫ちゃんと泊まれる宿(ホテル)というのが最近あるみたいで、ホントはユキと一緒に旅行に行けたら最高なんですが、ユキはゲージと車が大嫌いでストレスがたまるだけだと思いますので断念しました。